合格者の声(公認心理師通信制受験対策講座受講生)

大阪府Mさん[第1回公認心理師試験に合格]からのメール(2018.11.30付け)

メールありがとうございます。こちらからメールをさせて頂こうと思っていたらお祝いメールがあり、嬉しかったです。Gルート、しかも看護師で受験した人は少なかったと思います。最近知り合った臨床心理士さんも、看護師で受験した人は聞いたことがないと言われていました。そんな私も、小高塾でしっかり学ばせて頂いたおかげで合格する事が出来ました。ありがとうございました。最初、5日で8時間勉強できない人は入塾しないでください、という文言を見て、それぐらい勉強しないといけないと自分を鼓舞する事が出来ました。休日は一歩も外に出ず、6~8時間勉強していました。仕事から帰って、疲れていても毎日1~3時間、夜中1時過ぎまで勉強しました。もう二度と、こんなに勉強したくないという気持ちから、絶対一回で合格する、そのために出来る努力はすると頑張りました。それも、小高塾長のレジメ、励ましなどメッセージがあったからです。本当にお世話になり、ありがとうございました。ここからが本番です。心理の研修にも参加し、内容のある公認心理師を目指します。

神奈川県Yさん[第1回公認心理師試験に合格]からのメール(2018.11.30付け)

メール、ありがとうございます。おかげ様で合格することができました。私の今回の結果は、公表された配点で採点すると、180点/230点、78%の正答率になりました。また、間違えた問題も惜しいところまで選択肢を絞りつつ、1/2の確率で違う方を選んでしまったというものが、かなりありました。もちろん聞いたこともない用語が出たりもしましたが、6割正答できれば合格すると考えると、小高塾で真面目に取り組めば必ず合格できるように課題が設定されていたのではないかと思います。過去問の存在しない公認心理師試験に臨むにあたって、本当に心強い道しるべでした。振り返ってみると、ワーキングマザーの私にとって4日に1度の小テストは結構大変でした。大変でしたが、これがなかったら忙しさにかまけて、全然勉強できなかったんじゃないかな、と青ざめる思いです。小テストも提出が途中でかなり滞ってしまったこともありましたが、お盆休みにまとまった時間を作り、どうにか帳尻を合わせました。夫や子どもにも負担をかけてしまいましたが、兎にも角にも合格できたので、これから借りを返さないとな、と思っています。小高先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これから資格を生かして頑張ります。